るんばのゴロゴロ日記2 同年代の死
専門学校生の息子、高2の娘を持つワーキングマザーの日々のつぶやきです。 下にこっそりある「だじゃれ図鑑」のように、親父ギャグ好きな一家です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同年代の死
今日、娘のクラスメイトのお母さんのお通夜に参列してきました。
と言っても、仕事帰りの買い物途中で急に聞いた話だったので、るんばが会場に到着した時は既に受け付けも閉められていて、一人でお線香上げて故人とお別れして…お清めで少し食べ物いただいてって感じなのだけど。

特別親しくしていた訳ではないけれど、保育所も一緒、マンションも一緒で会えば挨拶して話す程度。

保育所時代は一緒に役員をしたこともあり、おとなしい息子のY君へうちの娘から渡して欲しいと、バレンタインチョコを自ら買って頼みに来たこともある、息子思いのひょうきんなお母さんでした。

ホワイトデーには、お母さんがY君と一緒に手作りクッキーを届けに来てくれたこともありました。

カッコイイのに仲の良い子以外とはあまりしゃべらないY君と、いっぱいしゃべるお母さん。
このギャップのある親子、好きだったんだ。

看護師さんで、痴呆のお年寄り達と接してると聞いていたから、心身共に疲れる毎日だったんだろうな。

数日前の救急車、音だけは聞いて知っていたけど…
その時に運ばれて亡くなっていたそう。

るんばの1個上。
まさに同年代です。

学年こそ違うけどY君もお兄ちゃんも、うちの息子と同じサッカーチームに所属していたから、遠からず近からずの関係。

自分のお母さんも同居で、夜勤の時なども安心してお仕事出来ると常々言っていたから、お母さんとの信頼関係もあり、仕事頑張り過ぎちゃったかな。

こんな時に不謹慎かもしれないけど…
この件を聞いた高1息子。

「お母さんは仕事頑張りすぎないでね。
 急にいなくなられると困るんだから」


とポツリと言ってくれ、ほろりと来た

「中2じゃ、お母さんいなくなったらかなりきついと思う」

とY君を気遣ってた。

いろんな嫌なこと、辛いことがあると楽になりたい…
と思ってしまうことがあるけど…
文句言われても、生意気な態度されても、やっぱり母親として必要とされているんだと分かった。

るんばには、いろいろな可能性を持った息子と娘、無償の愛を捧げるニャアコ達もいるし、まだまだ元気でいなくてはだねっ
(あ、一応テル父も加えておいてやるか)

今日のキニナル語呂「1182」=いい奴




ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押し
(*・・)σ ぽちっ とおねがいします



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

同年代の人が亡くなるのは、ひとごとではないような気がしますね。
でも一番辛いのは、やっぱり母親がいなくなる事だと思う。
父親よりも母親。
今、母親と二人暮らしだけど、いつまでもこの状況が続くわけないんだよね~なんて考えると辛いです。。。
mami | URL | 2012/10/06/Sat 12:38[EDIT]
故人のご冥福をお祈りいたします
キキ | URL | 2012/10/06/Sat 13:25[EDIT]
同年代の死って辛いものがあるよね
ここ数年で同級生の死に直面してるけど
もし自分が・・・って考えると自分よりも子供の事を案じるの

必要としてくれている人がいる以上
頑張る源となるよね
でもお互い無理せずがんばろ
みい☆ | URL | 2012/10/06/Sat 21:34[EDIT]
mamiさんへ
そうなのよね、父親よりも母親。
mamiさんは、特別お母さんとの絆が強いと思うので、尚更その思いが強く感じられます。

いつまでもこのままで…であれば良いのにねv-390
るんば | URL | 2012/10/07/Sun 22:22[EDIT]
キキヘ
ありがとう…
るんば | URL | 2012/10/07/Sun 22:25[EDIT]
みい☆さんへ
みい☆さんは同級生の死に直面したことがあるのね。
私はまだ友達はないです…

そうだね、自分よりも子どものこと…
残される方が辛いものね、特に母の存在は大きいから。

うん、お互い「無理せず」頑張ろうv-220
るんば | URL | 2012/10/07/Sun 22:33[EDIT]
Copyright © るんばのゴロゴロ日記2. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。