るんばのゴロゴロ日記2 不安の残った学校公開
専門学校生の息子、高2の娘を持つワーキングマザーの日々のつぶやきです。 下にこっそりある「だじゃれ図鑑」のように、親父ギャグ好きな一家です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安の残った学校公開
11月10日(土)は小学校の学校公開日でした。
授業参観は「5時間目だけ授業参観で、その後は懇談会」というのが常だけど、
学校公開日は一日中いつでもどうぞ、見て下さいよ~の日です。

二人揃って外での体育が1時間目だったので楽しみにしていたのだけど、外は
朝からあいにくの雨模様です

今日はテル父もお休みなので、2時間目から一緒に行きました。
息子は 「音楽と算数は絶対来ないで
というので、とりあえずその時間は娘の方へ。

息子のクラスはとにかく先生の評判がよく、子供たちと一体になってる感じ
雨の日の休み時間…男女関係なく、クラス全員で「椅子取りゲーム」をしている風景が
とても微笑ましかったです

娘の先生も、優しい年配の先生(男性)なんだけど、不安が残ったのは娘自身の問題。
1歳1ヶ月から保育所生活をしているので、本来ならばどこでも通用するくらい強い心を
持っていてもおかしくない筈なんだけど…

人一倍小さいので、気付けば周りがあれやこれや手を焼いて可愛がってくれ、常に
お人形さん扱い。黙っていても周りにはお世話好きのお友達がいてくれていたのです。

それが、だんだん人形が人間らしくなったというか、普通になったらそれぞれが別の
友達に目を向け始め、自分から積極的に話しかけることの出来ない娘はポツンと
取り残されてしまったのかもしれません。

特別仲良しの友達は2人。
でも奇数のグループって何かと仲間割れしやすいんですよね。
この日はちょうどその仲良しのお友達2人が2人だけでお絵描きをしたかったようで、
気の小さい娘は入っていけなかったようです。

そんな時、るんばが教室にいたもんだから、我慢していた気持ちがドッと出たのか、
大きな目に涙があふれてきて抱きついて来ました。

仲良しの2人は別に意地悪をしたつもりじゃなかったんだと思うのです。
その姿を見てビックリしてたから。

それで他のお友達Yちゃんが「どうしたの」と聞いてくれたので、るんばが
「一緒に遊んであげてくれる?」とお願いしたら、あの2人が入れてくれないの?と
にらんじゃうし、こういう場合どうしたらいいだろう…と、困ってしまいました

結局はYちゃんグループが話をつけてくれたようで、いつものメンバーに娘も
収まっていましたが、娘の表情は何となくぎこちない…

家ではテル父と一緒に「津軽海峡冬景色」を熱唱する娘なので、天然でおとぼけ
かますし、学校でのこんな一面を見て、母としてはすごく心配になっちゃいました。

先生にいろいろお礼を言うことがあったので、話をしたついでに友達と休み時間あった
いざこざを話してみました。

すると意外な答えが…
「Sらちゃんの良さは、大人にはよく見えるけど、子供からは分かりにくいのかもしれません。
 私はSらちゃんの言うことがおかしくて笑っちゃっていても、子供たちには意味がわからなくてポカンとしていることが良くあるんです。
 知識も豊富で頭が良いので、ついつい誰も答えられない時とかはSらちゃんを当てるのですが、いつもちゃんと答えてくれて助かってるんですよ


特に女の子はグループに分かれたがる…人の中でもまれるのも必要
叩かれたりするのでなければ(←そんなことは絶対ありません)、自分の力で解決するのもいいでしょう。
どうしても自分でうまく行かない時は、先生に相談してね、と伝えるようにと言って下さいました。

先生は、すごく娘のことを分かってくれているようで何だかジンと来てしまった
(あ、頭は決してよくありませんが、雑学が豊富です。大人の話によく入ってくるから。
 スマップも知らないのに氷川きよしはすぐ分かるし、タイルも知らないのに地球温暖化は知ってます)


考えてみれば、当のるんば自身も娘くらいの頃、仲良しは2名くらいで、お絵描きしてるのを横で眺めていた記憶があります(^◇^;)
そして典型的な泣き虫

5~6年の活発系の友人が変えてくれたんです。
…と言うより、積極性を引っ張り出してくれたというのかな。

何だか夜中もそれ思い出したら2時間くらい眠れなくなってしまったのだけど、帰りは娘から
「一緒に途中まで帰ろうと誘っていたし、そんな大げさな問題じゃないんですよね、きっと。

自分の子となると、必要以上に心配になってしまう気弱な母るんばなのでした

肝心の授業、スーパーマーケットについてどのように分類されて物が売られているか、などの
発表、きちんと大きな声でやっていました。

息子たちの道徳。
命の大切さについて。「どうせ僕なんか…」と思ってはいけない、と説く真剣なテーマなのに、
なぜか息子は人とちょっと違うことを発言し、笑いを取っていました

目立つ息子に目立たぬ娘…どちらも大事な我家の宝です

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押しおねがいします

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは~
うちの子とよく似た話が… うちは息子ですが…
参観日の授業で、音楽に合わせて歩いて、音楽が止まった時、
そばにいる子と二人組になる、というのをやり、 
息子は3回やって3回あぶれてました(汗)

「一緒に組もうぜ!」って 言えないのか~とか、 
まさか嫌われてる!?とか思ったり…
たいしたことじゃないのかなぁ…と思いつつ、
子どものことって心配になっちゃいますよね~トホホ
haru | URL | 2007/11/13/Tue 13:53[EDIT]
るんばさんへ
難しいですよね・・・育児って。 
娘さんのこと・・・もしかしたら、うちの娘にもありえる話かもです。
家では、ものすごい社交的に見える、わが子、ところが、学校では?どうよ?と心配なもんです。 見えないところを見て、ココロが痛むのは、どちらのママさんにもあることだと思います。

先生がおっしゃってるように、ちゃんと、見てる人は見てますし、お友達のヘルプもあるはずです。

幼稚園の先生に「幼稚園に預けたら、娘さんのことは、お任せしてください、お母さん」といわれたことがあります。
どんなに気をもんでも、集団生活で頑張るわが子に過剰な手は差し伸べられないものです。
でも、その分、心配なことを、ちゃんと、自分なりにクリアしてることも多いはず。
私だって、親が見に来てたら、多少は緊張もするでしょうし、「いいとこ見せよう」とするもんですよ。 ただ、その微妙なキモチのバランスがくずれて、泣けちゃっただけですよ。

娘さんは、ママがお仕事を頑張ってる間は、娘さんなりに、学校生活を頑張ってるんだと、信じてあげてください。
ママの不安が、知らず知らず、伝わるもんです。

今の様子・・・半月後の様子・・・そして、1年後の様子・・・そうして、確実に成長してくれるのが、わが子なんです。
大丈夫ですよ。
私も、育児に悩むこと多いですが、それだけ、その子に愛情が注げるんだと、思うようにしてます。

親からの「愛」は無償ですものねv-238

長々とすみません。
まーキュリー | URL | 2007/11/13/Tue 16:27[EDIT]
子供のことは何かと心配ですよねぇ。
拓ママも今日は長男の参観日でした。まぁ、何事もなく終わったんですけど、懇談会でいろいろクラスでおこったことを聞いて、
いかに長男が学校であったことを話してくれないかを改めて実感・・・。
男の子ってそんなもんでしょうかねぇ。
まぁ、うまく乗り越えてくれると嬉しいんですけど、母親としてはちょっとさびしい・・・。
まぁ、親はいくつになっても子供が心配なようなんで悩みはつきないでしょうけどね。
がんばる拓りんママ | URL | 2007/11/13/Tue 20:38[EDIT]
わかるな~・・・
子供の世界も色々あるもんね
私が一番心配なのが友達とうまくやっているか・・・
みわも2歳3ヶ月から保育園通いでどちらかと言えば何事にも
積極的でリーダー派
でもその仕切りやが反対に仇にならないかといつも心配・・・
クラスでみわに対抗する子とはしょっちゅう喧嘩をしているようで
この前先生との個人懇談の時に真っ先に気になる事でその話を・・・

勉強も大事だけど学校に行くのに友達のことでギクシャクは辛いもんね~
今のところ何とかすり抜けてるようだし
仲のいい友達もたくさんいるんだけどね

ちょっとしたことがきっかけで仲間はずれって事もあるから
やっぱり心配よね

親はいつまでたっても子供の事が心配なんだろうねv-411v-356

大丈夫!明るいるんばさんの子供だもんSらチャンも素質ありよ!!
みい☆ | URL | 2007/11/13/Tue 20:47[EDIT]
う~ん、、、、
ほとんど何にも考えず育った私の小学生時代・・・
それでも女子は大変なんだろーなぁ??
と思ったことがあるのを薄ぼんやりと覚えています、、、
(小グループみたいなのの小競り合いや仲間はずれなど・・・・)

でも、きっと大人が思うより問題は簡単なのだと思いますし
そう思いたいです。。。(楽観的過ぎますかね???)

koji | URL | 2007/11/14/Wed 02:55[EDIT]
共感です
わかるわかるわかります!
こういう場面を目の当たりにするとこっちも不安で泣けてきますよね。
女の世界は難しいです^^;
うちの子も自分からがんがん行けるタイプではないので
幼稚園でお弁当を食べる相手をさがすのが大変のようです
幼稚園ではいつも仲良しの子が約束しあって食べる風潮があって
誘われないとうまく入れない我が子なんかは
食べる相手がいないからお弁当いややといったこともあります^^;
今からこんなんで大丈夫って心配な面もありますが
いいとこもいっぱいあるのでそっち方面でまずは自信をつけてもらいたいと思います。
それに案外スモモは男っぽいのか1人でトイレに行けるタイプだと思います(笑)
それに1人でなにかを集中して遊ぶのも好きなようで、
ついつい友達と一緒に遊びと言ってしまう私はまちがってるのかも
と思うことがあります^^;
それに私も小学校時代はおとなしかったのに今は全く見知りもないんで
小学校時代のことなんてあんまり将来に関係ないかもと思ってます。
るんばさんの娘さんはまっすぐに育っていて
こういうお子さんの方が将来絶対伸びると思いますよ^^
今日も応援ぽちぽち☆
鈴木キママ | URL | 2007/11/14/Wed 14:41[EDIT]
haruさんへ
みなさんの暖かいお言葉が身に染みるるんばです…(ρ_;)

そうですか…haruさんところは息子さんでそんな体験されたんですね。
「一緒に組もうぜ!」の一言、自然に出る子と、そうでない子といるんですよね。
偶数でピッタリ合えば気付かないで終わったことでも、偶然見てしまったら、心配になるの、よ~~く分かりますv-219

その後は心配なことはないですかv-236
きっと子供同士の間では気にするようなことではないのかもしれませんね。
励まされました。ありがとうございますv-435
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 22:41[EDIT]
まーキュリーさんへ
ご無沙汰してたのに、たくさんのアドバイスありがとうございますv-435

そうですね、自分が会社で頑張っている時間、子供たちも勉強やら人とのコミュニケーションやらで頑張っているんですね。
楽しいことばかりじゃ、人間成長しない、悲しみとかくやしさも経験して
「他人の気持ちの分かる人」になれるんですよね。

ホント、家のままの自分を出せれば「人気者間違いなしv-432のキャラなんだけどな~r(^^;)ポリポリ

たっぷり愛情そそいで見守りますっv-220
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 23:02[EDIT]
がんばる拓りんママさんへ
息子君も、中学生ともなれば口数も少なくなるの、当たり前なんですよね、きっと。
学校での出来事も自分でいっぱい話してくれるのも小学生までなんでしょうか(^◇^;)
ちょっぴり寂しいけど、それも成長の過程?!

うちの5年生息子は「(自分って)マザコンなのぉ~~~v-413と家では甘えてくれるので、その時間を楽しまなきゃかな、と改めて思います。

拓ママさんの方が子育ての先輩なので、またいろいろ教えてくださいね~v-343
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 23:10[EDIT]
みい☆さんへ
周りを見てると、気になっちゃって駄目よね、性格かなv-13
逆にテル父は脳天気で「現実を思い知れ!」とグサグサ傷つくようなことを娘に言うのよv-293

いくら天然で脳天気引き継いだ娘でも、それなりに傷ついているし、もしかして自分は嫌われてるのかな?と言い出してる…

みわちゃんのようにリーダータイプでも心配、Sらのように消極的タイプでも心配…
結局 「余裕で安心の子育て」 ってもんは存在しないのかもしれませんね。

そう、勉強も大事だけど人間関係も大事v-219

みい☆さんの「大丈夫」の言葉、響きました。
自分もオトナシ少女から活発少女へ転向した派。
娘へも期待せず、ありのままで好いてくれる友達が増えることを祈ってますv-421
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 23:21[EDIT]
kojiさんへ
真剣なコメントが多い中で、楽観的なコメントのkojiさん…
いいな~こういうのも気持ちがほぐれますv-290

また母親の気持ちと父親の気持ちって違うと思うんです。

でもkojiさんがぼんやり覚えている通り、女子の間でのいざこざは健在ですよ。
あっちのグループの何ちゃんとどうして仲良くするんだ、とか、娘も怒られたりするそうなんです。

女の子って難しい…e-263

>でも、きっと大人が思うより問題は簡単なのだと思いますし
そう思いたいです。。。(楽観的過ぎますかね???)

るんば母もそう思うようにしますっe-461
ありがとうございま~すe-420
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 23:27[EDIT]
鈴木キママさんへ
キママさんとこのスモモちゃん、やはりうちの娘と似てるかも…
うちの子もキママさんとこと同じように工作も好きだし、集中すると自分の世界に入ってしまって、他の子が移動しても気付かないでいたりするんです。
だから結果「あら、自分一人?!σ( ̄◇ ̄;)」とか。

そっか、一人で食べるお弁当、ちょっと寂しいですよね。
その辺は先生がちゃんと入っていけるよう、その歳では考慮するのが筋ではないかと思いますが、これも甘い親ですかv-361
はじめは静観して、最終的にはさりげなく仲間に入れるよう、他の子を促す…そんな先生に憧れますv-398

>小学校時代のことなんてあんまり将来に関係ないかもと思ってます。

→おぉ、何か元気が湧いてきましたv-91
 そういえばるんば母も、小学生消極的時代の寂しさは大人に反映してないかも?!

改めて、みなさんの励ましに感謝しますっv-435
るんば | URL | 2007/11/14/Wed 23:37[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © るんばのゴロゴロ日記2. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。