るんばのゴロゴロ日記2 友人父のお通夜
専門学校生の息子、高2の娘を持つワーキングマザーの日々のつぶやきです。 下にこっそりある「だじゃれ図鑑」のように、親父ギャグ好きな一家です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人父のお通夜
今日は学生時代からの友人Oのお父さんお通夜に行って来ました。
テル父は祭日出勤の職場なので、夕方出掛けるのに娘は近所のお友達宅で預かってくれると言われ、お言葉に甘えることに。
どちらにしろ息子も遊びから早めに帰ってきて、そんなに長居はしなかったらしいけど。

---------------------------------------------

同じく学生時代同じクラスだったSちゃんと待ち合わせ、一緒に参列してきました。

先日ハロウィンパーティを主催してくれた友人だったので、その時にお会いした数人と駅で会ったりして、なんだか変な紹介をしあいました。
両方知り合いのSコラさんが間に入り
「ハワイアンのるんばさんです。洋服違うから分からないかしら
「餃子のHさんです。」
など…(^◇^;)

式は今回るんばにとって初めての「自由葬」というものだったそうです。
宗教関係なく、献花、お別れの言葉など、いつもと違って印象深かったです。

お父様は議員さん歴10年以上、退任後は地元の団体会長さんやらをされていて、人望が厚い方だったのだとしみじみ話を聞いて分かりました。
参列者の数もすごく多くて、友人自身の交友関係の広さも感じましたね。

友人O本人は気丈に振舞っていたけど、しばらくは事あるごとに思い出し泣きすることと思います。(自分がそうだった)

いつかは向き合う悲しい現実ですが、出来れば避けたい…

いつもパワーをくれる友人だけに、一日も早く笑顔復活の日がきますよう、心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

どうも、Sコラです。
わたしも自由葬は初めてでしたが、とてもよかったですね。
祭壇もシンプルで、演出などがくどくないのがよかったです。
友人代表の送る言葉は、心がこもっていて、鼻の奥がツーンとしました。
笑顔復活したら、また賑やかにパーティできるといいですね。
ショコラ | URL | 2006/11/27/Mon 08:12[EDIT]
るんばさんへ
“自由葬”私もそういうのがいいかも・・・あまり形式ばらないで、みなさんのキモチだけでほおむって欲しいです。

お忙しかったのに、メールありがとうございましたv-238
まーキュリー | URL | 2006/11/27/Mon 23:06[EDIT]
自由葬ですか?
初めて聞きました。
sakura家は、もうじき一周忌&納骨の日を迎えます。
遺骨は仏壇においてあるんですけど、もうじきお墓に入っちゃうのかと思うとまた悲しくなってきました。
お友達のお父様、ご冥福をお祈りします。
sakura | URL | 2006/11/27/Mon 23:51[EDIT]
ショコラさんへ
るんば家の結婚式も宗教にとらわれず「人前式」だったのよ。

お葬式もそういうのにとらわれないのがいいですね。

ちなみに我が家の息子が「Oんちのお葬式、いっぱい人来た?」
と聞くので、「友達もいっぱいいたみたいだし、すっごいいっぱい来たよ」と教えると
「じゃ、おか~さんの時もいっぱい人呼んであげるv-293
と真顔で言ってくれ、かえって焦りました。
「お金かかるから親戚だけでいいよ~」と現実的なこと言っちゃったるんばでした(☆_★;)
るんば | URL | 2006/11/29/Wed 00:11[EDIT]
まーキュリーさんへ
日本人は特に形式にこだわる体質な気がします。

「自由葬」…これからの時代はこういうのがいいですねv-290
るんば | URL | 2006/11/29/Wed 00:15[EDIT]
sakuraさんへ
もうすぐ一周忌ですか。
この季節は悲しいことが毎年多くなりますね。

遺骨が遠くに行っても、きっとsakura家を守ってくれていると思います。

一緒に暮らしていた人が亡くなるって、やはり精神的に「きつい」ものです。
他の人の受け売りだけど、悲しいと思うことも供養の一つらしいですよ。
るんば | URL | 2006/11/29/Wed 00:20[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © るんばのゴロゴロ日記2. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。