るんばのゴロゴロ日記2 子供の習い事
専門学校生の息子、高2の娘を持つワーキングマザーの日々のつぶやきです。 下にこっそりある「だじゃれ図鑑」のように、親父ギャグ好きな一家です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の練習試合
息子ももうすぐ卒業

サッカーの方も最後の練習試合となりました。

先日は最後の公式試合、決勝戦で接戦の末PKとなってしまい、PKでも勝負がつかずに、まさかまさかで息子まで順番が回ってきてしまいました

最後の公式戦で初のPK経験。
(途中から入団した息子には縁がなかったのです)

恐れていた通り、息子のシュートはキーパーにカットされてしまい、そこで試合終了。
準優勝が決定してしまいました。

崩れ落ちるように顔を押さえる息子。
こちらまで涙が出てきちゃいました

でも周りの母たちとも話したけど、昔まで「悔しい」という気持ちをあまり持てない息子だったから、泣くほど悔しいと思ってくれるようになったこと、これだけでも成長の印だと思う。

そして、みんなも息子を責めることなく
「ねぇねぇ、オレのシュート、結構かっこ良かったでしょ
なんて、自画自賛で雰囲気明るくしてくれる子もあり…

みんないい子

で嬉しくなっちゃいました。

…で今回は練習試合のことだった。

練習試合も朝7時出発で帰りは5時過ぎの一日がかりでした。

1年と4年以外、全学年集まり、滅多に見られない他の学年の試合も見られ良かったです。

人数がギリギリの我がチームなので、2人お馴染の5年生を助っ人に加え、息子も全試合出してもらえました

積極性には欠けるけど、あまりサッカーを知らない母から見ても
「上手になったんだな~」と分かります。

1人では味わえない喜びを知ることの出来るスポーツ、やっぱりやらせて良かったな。

いつも1年、3年、5年のマンション&サッカー仲間とつるんでいる息子。

この3年生の子の母と、3年生に弟がいる子の母に、この日とても褒められたるんば。

3年生のN君、初めは試合に出られず、いつも砂遊びをして遊んじゃうグループにいたとか。
それが、うちの息子と毎日のようにサッカーやマラソンを始めてから、真剣に取り組めるようになり、遂にレギュラー獲得目前で、試合に出る機会が増えたとのこと

「前は遊んでいても真面目になってるNを見習え!」
とコーチがN君を褒めることが出来たのも、S馬君のお陰だよ。

「S馬スクール」でN君はすごく上達した

などと、普段見えなかった息子の面倒見の良さ、優しさを垣間見たようで、試合に勝てるとかいうことよりも嬉しかった

同じ学年の中では目立つことはないけど(お笑いでは目立つらしいが、こうして下の子達に教えることが出来る、ってのも一つの才能?!

などと親ばかなるんばですが…

最後の練習試合も無事結構な成績を収めて閉会式。

来週、親子サッカーと懇親会で小学校時代のサッカー生活は終了です。

また新しい環境で頑張ります

今日のキニナル語呂「4681」=白バイ

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押し
(*・・)σ ぽちっ とおねがいします


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
スポンサーサイト

夜のサッカー
息子のサッカー

練習日は土曜の昼少し前からの週1回。
でも半分以上の子は平日夜のフットサルチームや他の市のチームにも所属していて、それぞれ上達しているのが現実です。

息子は平日はマンションの広場で、近所の子(1年~6年まで)とわいわいボールとたわむれているのですが、9月から市内のスクールに通い始めました

中学からのユースなのですが、小学6年生対象に
月1000円で週1回水曜日だけのスクール
を開いてくれることを知り、すぐに入会手続きをしました。

近所の中2がたくさん行っているので、その男の子経由で。

偶然、今のチームの辞めてしまった子も行っていたので、これからも仲良く出来る
と親子共々嬉しかった~

そして10月に入り、少し慣れたこともあり、今のチームの数人を体験に連れて行くことになりました。

ちょうどその日はテル父も代休でお休みだったから、ワンボックスカーを出せ(るんばは軽限定のドライバーなので)、3箇所回って4人連れて行ってきました。

081001-FC.jpg

大分涼しくなってきたけど帰る頃には汗ダクダク

みんな
「超楽しい!
  夜のサッカーって気持ちいい

ととっても満足してくれた夜でした

小学生はまだ送迎が原則で、中学生のようにで通えないので、多分まだみんな入会は出来ない様子。

今はみんな共働きが多いから、なかなか子供の望むように出来るとは限らないのが悲しいかな、本当のところですね。

行きは娘の習い事に送ってから帰宅し、息子を連れて行く水曜日。

軽自動車なので、あと2人は乗せていけるけど…
帰りはテル父が行ってくれるから、あと6人大丈夫だけど…
って感じで「いいよ!連れて行くから」と言えないのが残念

ま、中学になって行くにしても体験だけは無料!
あちこち見ておくのもいい勉強ですよね

今日のキニナル語呂「5957」=呼吸困難

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押し
(*・・)σ ぽちっ とおねがいします


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

合宿に同行してきました
1月から入った娘のソフトボールチーム

このたび初めての合宿があり、るんばも2日目から合流してきました。
平日は仕事があるし、土曜からの参加保護者も結構いたので、乗せていってもらう事になり…

初日は近所のお友達母が連れて行ってくれることになり、大きな荷物と共に旅立った娘

080808-出発

朝9時集合で、昼に宿到着、午後から練習で夜はお楽しみ会
全員500円くらいのプレゼントを持参して、みんなで楽しめる企画です。
そしてビンゴで娘はこれが当たったそう

080813-合宿ビンゴ

ピン止め、ゴム、ターバンなど、髪の長い娘には願ったり叶ったりの品

2日目。
朝からここの合宿場所で貸している(泊まっている団体は無料)グラウンドで、男子ソフトボールチームと女子地元チームと一日練習試合です。

2日目からは中学生のOGも参加し、応援にも気合が入ってました。

ソフトボールの応援は替え歌で歌いながらやるので、母達も結構楽しんでたりして…

結局最低学年の娘とお友達は試合には出ず、グランドの端でバッティング練習をしたり、試合を見て勉強したり…でしたが

080809-合宿グランド

夕方からはバーベキュー
080809-合宿火起
080809-合宿BBQ

3日目は帰り途中の水辺公園(ただの川のようでしたが…)で水遊びをして、

080810-水遊び
080810-川の景色3

注文してくれていたお弁当を食べ

080810-合宿帰り弁当

バスと車に分かれて帰りました  

監督、コーチ陣のお陰で小学生一泊300円
という安さの施設を当ててもらえ、2泊3日で一人12,000円
そこからガソリン代まで出してくれて、到着日と帰りの日のお弁当手配、バスのチャーター、スケジュールもほぼ計画通りの時間で進み…

年頃の女の子達の為に(川遊び時)お着替えルームまで用意してくれていました

080810-合宿お着替えハウス

卒団した中学生が好意で8人、保護者も7人参加する…これもすごいな~と思いました。

結局息子のサッカーチームは6年と言うのに、ガソリン代値上がりなども理由にいろいろありまして合宿は中止、お盆期間の練習も中止…
この先どうなるのだろう…というところ、和気藹々のこの空間は心地良かったです

輪の中に自分から入るのが苦手なSら
心配していた通り、時々ポツンとしていることがあったけど、さりげなく中に入っていけるようフォローし、いろいろな意味で大勢の中でもまれて意味のある合宿だったことでしょう…

相変わらず、娘の気持ち的にはソフトボールより新体操なので、来年はここにいるかどうか分かりませんが、親的には頑張って続けて体力つけ、仲間と楽しめる団体競技で成長して欲しい

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押し
(*・・)σ ぽちっ とおねがいします


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

ストレス溜まる息子
4/14(月)の放課後に友達とサッカーをしていて足を怪我した息子。
ヘディングでジャンプし、着地に失敗したようなのです。
左膝が一瞬逆に曲がり、膝裏の筋損傷…

膝筋損傷

ってな訳でここ二週間、
体育も見学、勿論サッカーも空手もお休み
サッカーは参加できなくても試合はユニフォーム着て行くんだけどね。

毎日動き回っていたので、いい加減ストレスが溜まってきてるようです

この間、公式試合1回、昨日(26日)はフットサル大会があり一日中見てるだけ。

思い切り遊べないから家に帰っても元気がないし、25日(金)に医者に見せたら
「ゴールデンウィーク明けまで運動禁止
だそう

捻挫で2ヶ月安静のチームメイトもいるから、とりあえず寂しくはないけど。

昨日のフットサルは数少ないメンバー(13名)を2つに分けて戦うため、息子の入る筈だったBチームは控え選手なしで6試合

Aチームは見事優勝したけど(それでも控え1名)、Bチームは最後ヘトヘトで6位止まりになってしまい、申し訳気持ちになってしまいました。
でも中学行っても続けたいので、ちゃんと直しておかないとね

そんな訳で今日はテル父がサッカーの技のDVD(本付き)を買ってあげ、家の中で一緒に軽く練習してました

ストレス溜まりがちな息子ですが、やっぱり男親の方が一緒にやってくれると助かるな~
と思った出来事でした。

早く良くなりますように…

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押しおねがいします

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

良い意味でのプレッシャー
先日、サッカーの大会でのお話。4月13日のことです。

前回も説明していますが、今年最後の6年生では人数ギリギリの息子の学年へ、下の学年から助っ人が来てくれます。
元々2人は息子が3年の時から固定で来てもらっているけれど、さらに3~4人ということです。

前回1点キメタ息子(詳細はここ)は、今回も少し出してもらえました

今回は全日本の予選だったのですが、1回戦はPKで勝利、2回戦も勝って通過できました

そして夜の会話…

実は下の学年からメンバーを借りる場合、6年生でレギュラーではない子供達にとって、微妙な心理状態が襲ってくるわけです。
自分がベンチで、下の学年の子が試合に出してもらうことが出てくるから…
来てもらう子(下の学年)の保護者も、それを結構気にしてくれています。

うちの息子もそれに当たるのですが、親はそれほど気にしていないけど本人はどう思っているのか、今日やっと口を開きました。

「5年生達が来てくれること、いいな、っていうか感謝してる、っていうの?
 ありがたいな、って思ってるんだ。
 今までは試合に出してもらっても、そんな感じてなかった『うれしい』とか、
 出られなくて『くやしい』って気持ちが分かってきたから。
 今日も出してもらえて、ホントに嬉しかったんだ」


これを聞き、あ~良かったって思ったテル父とるんばです。
息子も成長したな~って。

今まで、泣くほど悔しいとか感情のなかった息子なので、今後はそういう気持ちが出てくるのかな。

競争心のなかった息子を変えてくれたサッカーに感謝です

ブログランキング参加中です。
よろしかったら是非一押しおねがいします

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
Copyright © るんばのゴロゴロ日記2. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。